カナダワーホリ仕事探しとおすすめの時期や働ける期間は?必要な英語力も

ワーホリの醍醐味は現地で働けることですが、「どうやって探したらいいんだろう?」「どんな仕事がある?」「どれぐらいの期間働けるの?」「日本語を使う仕事はある?」「英語力はどれぐらい必要?」初めての経験に次から次へと疑問や不安が湧くものです。

私はカナダの留学エージェントでカウンセラー(相談相手)として働いていましたが、残念ながら、せっかくカナダへ自分の意思で来ているのに「お金の為だけに苦手な嫌いな仕事を文句を言いながらしている人」や、「とりあえずやることが無いので適当に時間を過ごしている人」を見かけることも結構ありましたので、仕事探しや英語力などについてはもちろん「ワーホリで働くことの意味」や「自分のオリジナルプラン」など絶対に役立つ考え方を私の体験談と併せてご紹介していきます。



仕事の探し方

仕事の探し方は仕事の種類によって変わってきますが、ワーホリの場合、英語力の問題から比較的日系の会社を好んで働く場合が多いです。日本語環境で働く場合はJPカナダのWebサイト掲示板やフリーペーパーで探すのが一番簡単です。コンタクトも日本語で行えるので安心感があります。
主な職種はやはり、日本食レストランやカフェのホールやキッチンのバイトでしょうか。
JPカナダの掲示板は地域ごとに別れているので、自分の働きたい都市で探すことも可能です。リゾートバイトを探している人にもオススメです。
学校の近くや家の近くで働きたいなど、働きたいエリアが決まっている場合は、歩きながら探すのがオススメです。だいたいお店の窓ガラスに「スタッフ募集」の張り紙を貼っていますので、散策をしながらチェックしてみましょう。日本人スタッフを募集している場合は日本語で書かれているので目に入りやすいです!働きたいお店が見つかったら、すぐにお店に入り面接を希望してみましょう。募集はタイミングなので早いモノ勝ちのようなところがありますから、普段からレジュメ(履歴書)を持ち歩いていると、いざと言う時に便利ですよ。
厨房でラーメンの盛り付け仕事をする人
逆に、英語環境で働きたい場合は、カナダ政府のウェブサイトのJob Bankで探すことができますが、語学学校の先生やホームステイ先、外国人友達のツテなどから情報を得ると、安全面でも信頼できるのでおすすめです。私の場合、「日本語を学びたい子供向けのチューター(1対1で行う家庭教師のこと)を探している」と元ホームステイ先のホストマザーに相談され、友達を紹介したことがあります。
本を読んで勉強する外国の子供たち
また、日系レストランでも日本人以外が経営している場合は、ほぼ英語環境といえます。ただ、移民が多いカナダでは、ネーティブではない英語に触れる機会がかなり多いですが、各国の文化の違いを知ることができるというメリットもあります。
日本人以外が経営している日系レストランは意外に多く、私たち日本人から見たらかなりユニークな料理を出していることが多いので、そこも楽しんでください!


仕事探しにオススメの時期

冬の寒さが厳しいカナダでは、仕事の探しやすい時期について心配されがちですが、リゾートバイトやファームバイトなど季節に左右される仕事以外は特に心配はありません。
カナダのリゾートバイトといえば・・・ウィンタースポーツです!
カナダウィスラーのスキー場ゲレンデ
カナダにワーホリに来る目的が「ウィンタースポーツ」という人もいるぐらいカナダの雪質はお墨付きですし、日本には無い広大な滑走コースもウィンタースポーツ好きにはたまらないようです。
「絶対に冬のリゾートで働きたい!」という方は、リゾートバイトの最も旬な時期“12月~4月末”の数ヶ月前に募集が出るのでそれを狙いましょう。ウィスラーやバンフなどの人気リゾート地は、募集と共にすぐに埋まってしまうので、こまめに地域新聞やネットをチェックすることが大切です。

冬がメインと思われているリゾートバイトですが、ウィスラーは、夏は”マウントバイクの聖地”になることもあり、冬にこだわらなければ、意外と年中働くことができます。

春夏秋のカナダの山と日差し

リゾートバイトの主な職種は、

  • インストラクター
  • リゾート内のホテルスタッフ
  • レストランスタッフ
  • お土産店スタッフ
  • 清掃スタッフ  などです。

先程挙げた人気のエリアでは、夏~秋に先に現地入りして、リゾートバイトの募集を待つツワモノもいるようです。すごい熱意ですよね!
ただ、ファームバイトでは、農作物の収穫などで季節に左右されることから、冬~春は難しいと思いますので、募集に合わせて移動するのが良さそうです。


仕事の種類と必要な英語力

ワーホリで働ける仕事には日本語を使う仕事が多いのが現状なので、仕事を探すのは比較的簡単だと思います。
ここでは、主な仕事の種類と必要な英語力について表にしてみました。

レストランのホールスタッフなど接客業 オーナーが日本人の場合は接客時以外は日本語環境。接客時はメニューの説明などを英語で求められる
レストランのキッチンスタッフ 皿洗いなどバックヤードの仕事なので、あまり英語は使わない
ハウスキーピング・清掃スタッフ 接客業ではないので、基本英語は使用しない
事務・受付 日系企業の場合は日本語がほとんど。電話やメールなどで英語を使用したり、職種に応じたビジネス英単語が必要なことも
チューター 相手が日本語を学びたいので、日本語で話すが、説明などで英語を求められることも
美容師 日本人経営者の美容院で働くことが多く、英語使用は少なめ
リゾートバイト オーナーも外国人、バイト仲間や宿泊客なども各国から集まるのでほぼ英語環境
ファーム オーナーも外国人、バイト仲間や宿泊客なども各国から集まるのでほぼ英語環境


ワーホリの目的と就労可能期間

ワーキングホリデーには目的が定められていることを知っていますか?

ワーキングホリデーの目的とは?

カナダ公式ウェブサイトによると、ワーキングホリデービザの主な目的は「旅行」とされており、その「+α」として就労と就学が認められています。「+α」ですから、就労は一番の目的ではありません。
カナダに長期滞在することで、異国文化を味わうと共に日本の魅力を再発見する機会にもなります。
日本では味わえないような体験や経験をすることが自身への一番のお土産になりますから、ワーホリの目的を間違えないことが楽しく「ワーホリ生活」を送る秘訣になると思います。このマインドは是非覚えておいて欲しいです。

就労可能な期間

ワーキングホリデーの目的の「+α」にあたる就労ですが、可能な期間は「6か月未満の就労が可能」とされています。ワーホリビザの有効期間は1年ですので、半分は働くことができるということです。働くこと自体に躊躇する人もいると思いますが、海外で働くことは、なかなかできない経験ですから挑戦する価値はあると思います。


自分のワーホリプランを作ろう

仕事探しについて考える前に、この一生に一回のカナダワーホリで「自分が」「カナダで」「何がしたいか」ワーホリの目的を今一度よく考えて欲しいと思います。というのも、カナダへ来て数か月が経つと、生活にも慣れ「とりあえず日々を送っている状態」の日本人を多く見かけました。中には「カナダでも日本でも変わらないような生活だし、もう帰ろうかな…」と考える人まで。1年という有効期限付きの生活なのですから、何となく過ごすのは、もったいないことです。

したいことをリストアップし、自分のワーホリプランの全体像を作ることから始めましょう!
疑問を考え答えを導く
まずは自分が「何を一番にしたいか?」です。例えば、

「帰国時にはTOEIC800点以上を取れるようになる!」・・・最初と最後の数ヶ月は学校に通い、仕事はその間だけにする
「カナダを横断して満喫したい」・・・旅費を貯める為に前半はフルタイムで働く
「ウィンタースポーツを楽しみしながら働きたい」・・・リゾートバイトを探し住む地域決める

 

勉強でも遊びでも「コレだけは!」という目的をとりあえず一つは決めてしまうことをオススメします。
この目的により、働く期間や場所などのイメージなども自ずと決まってくると思うので渡航後時間を無駄にしないためにも予め決めておくとスムーズです。


カナダ生活に必要な英語力

ワーホリの目的が決まったら、自分の英語レベルについて考えてみましょう。
「英語が全く話せないんですけど、どうしたらいいですか?」とエージェントに相談しに来られた人がいましたが、トロントやバンクーバーなど都市部で日本人が多い地域に住む場合でも、生活する上で、やはり簡単なコミュニケーションが行える程度の英語力は必要になります。
かく言う私も、特に英語が得意なわけでもなかったので、入国直後に携帯電話の契約をしようと携帯ショップに行った時にうまく意思疎通ができず「英語があまり得意ではない」と言うと、店員さんに「英語もできないのに、なぜカナダに来たの?」と言われ、早々に異国の洗礼を受けたことがあります。。。

英語テキストとオレンジの花ガーベラ

元々英語をある程度話せる人なら問題ないですが、残念ながら、そうでない人がかなりの割合をしめていますので、ほとんどの方がまず始めの数ヶ月間、語学学校に通っています。日常会話ができる程度の語学力を身に付けてからの方が選べる仕事が増えますし、色んな国の友達を作ることができます。
ただ、語学学校は基本的に母国語が英語圏ではない人が集まっている為、お互いの会話も基本的なフレーズとボディランゲージで済んでしまうことが多いので、通うのは短期間で良いと思います。
そのうえ日本人同士で仲良くなってしまうと「結局、英語力が身につかなかった・・・」というようなことがあるので気を付けましょう。


カナダワーホリ仕事探しとおすすめの時期、働ける期間、必要な英語力のまとめ

カナダワーホリの仕事の探し方、おすすめの時期、必要な英語力についてのまとめです。

・ワーホリには目的を決めていくことが大事
・仕事は最長6ヶ月まで可能
・日本語環境で働く場合でも簡単なコミュニケーションが取れるぐらいの英語力は必須
・英語力に自信の無い人はまず語学学校に通うのがオススメ
・仕事はWebサイト掲示板で日本語で探すことができる
・足を使っての仕事探しはレジュメを持ち歩けばチャンスを逃さない
・リゾート、ファームバイト以外は季節に関係なく仕事が探せる
・リゾートバイトのもっと多い時期は12月~4月末
・人気のリゾート地では夏~秋に現地入りして仕事募集を待つ裏技も!
・自分の英語力によって仕事を選ぶことが可能

 

仕事についてもそうですが、ワーホリ生活全体で起こった物事を大きな見方で捉えることが大切だと思います。
ここまで読んでくださった皆さんのワーホリライフが素敵なものになりますように。