水沢林太郎Instgramより

モデルや俳優と幅広く活躍中で、弟にしたい芸能人としてもアンケート上位に食い込む年下系イケメンとして有名な水沢林太郎さん。
デビューや、プロフィール、最近の活動なども気になりますよね。
今回はそんな水沢林太郎さんについて調べてみました。

\ドラマを観るならFODプレミアム/
FODで配信のヒミツのアイちゃん
↑今すぐ登録して無料視聴する!↑
 



水沢林太郎の出身高校、中学校は?

水沢林太郎の出身高校、中学校はどこなのでしょうか。

実は、水沢林太郎さんは中学校の時からデビューしています。
そんな学生時代、どんな子だったのかなど、気になりますよね。


水沢林太郎の出身中学校は?

どこの中学校に通っていたのかを、可能な限り調べてみました。

結論から言うと、水沢林太郎さんの通っていた中学校はわかりませんでした。

水沢さんが埼玉県出身、という所から、埼玉の中学校という所までは判明しているのですが、その先が中々出て来ません。

ドラマ『探偵・由利麟太郎』に出演の際に受けたインタビューでは「京都は修学旅行ぶり」とはなしているので、埼玉県で京都に修学旅行に行く、もしくは行った学校で探せば少しは絞れる可能性もありますが、それでも候補が多すぎるという状態です。

いつか本人から情報開示はあるのを待ちたいですね。

水沢林太郎の高校は?

同様に、実は高校についても公開はされていません。

しかし、14歳から芸能界事務所に入り活動を開始。
そこからはどちらかと言えばとんとん拍子で色んなドラマに出演している水沢林太郎さん。

モデルと俳優のスケジュールをこなすため、学校はもちろん芸能科のある高校だろうと噂されています。
例えば代表的なところであげると、堀越高等学校。

(引用元:みんなの高校情報)

堀越高等学校は東京都中野区にある、歴代アイドルや、今活躍中の俳優・女優も通っていた、芸能科のある学校ですよね。

情報があまり無いので、もう少し時間がたって、もっと有名になった際にはバラエティ番組に出演の際に卒業アルバムが出てくる、というのが定番の流れに期待したいです。

それを考えるとちょっと楽しみになってきますね。



ちなみにドラマ「俺の話は長い」に出演の生田斗真さんも堀越高等学校出身です。

もし同じ学校だったとしたら、撮影の間に学校の話や先生の話に花が咲いていた可能性もありますね。

水沢林太郎さんのInstagramや、ブログなど、各SNSにも高校生活のことや卒業した事も書いてある形跡はありませんでしたが、おそらくこの「ヒミツのアイちゃん」という作品が現役高校生最後の高校生役なのではないでしょうか。

現場の楽しい雰囲気が伝わって来る良い写真ですね。

ちなみに「ヒミツのアイちゃん」はFODプレミアムのオリジナルドラマです。

大人気の平祐奈さんと佐藤寛太さん主演のドラマで、水沢林太郎さんの他にも、吉田志織さん、鈴木ゆうかさん、別府由来さんなどこれから人気急上昇中の俳優女優さんたちが出演している話題作です。

FODは無料トライアルで視聴することができるので、とりあえず登録して水沢さんのドラマを観るのもアリですね!

\ドラマを観るならFODプレミアム/
FODで配信のヒミツのアイちゃん
↑今すぐ登録して無料視聴する!↑



水沢林太郎の年齢や身長体重、本名プロフィール

年下系イケメンと言われる水沢林太郎さん。
彼のプロフィールを公式やいろんな所から調べてみました。

水沢林太郎の年齢などプロフィールは?

まずは水沢林太郎さんの事務所のホームページからプロフィールを見てみましょう。

名前:水沢林太郎(みずさわ りんたろう)
生年月日:2003年2月5日
出身地:埼玉県
身長:184cm
体重:推定58kg
趣味:音楽鑑賞・読書
特技:インラインスケート・陸上競技

 

2003年生まれの水沢林太郎さんは、[birth day=”20030205″]歳 ([kyou]現在)。
彼の存在感からそんなに若いとは!と驚きですね。
でもそういわれてみれば、お肌もツヤツヤです。

ちなみに体重は公式では発表されていませんが、調べてみると181cmの時には56kgだったという記事を見つけました。
なので、今の公式発表では184cmという事で、少し増えたくらいでしょうか。

スラッとした体形でモデルもされているので、おそらく増えても58kgくらいなのでは無いかという予想です。
184cmで60kg無いってもはや人間離れしたスタイルですよね。
 

 


水沢林太郎は本名?

水沢林太郎さんは本名なのでしょうか。

結論から言うと、水沢林太郎さんの名前「林太郎」は本名なのだそうです。

「探偵・由利麟太郎」というドラマにゲスト出演した際のインタビューでは主人公・麟太郎は自分の本名と同じとこたえています。

「林太郎」という名前は父親が付けてくれたようです。
苗字まで本名なのか、という所は調べはつきませんでしたが、埼玉県出身者には「水沢」という姓も多いのだそうです。
なので、水沢さんというのも本名の可能性が高いようです。

ちなみに血液型はB型で、実は目が悪くて普段はコンタクトなのだそうです。

この投稿では眼鏡姿を見る事ができますが、本当にお家時間だったのでしょうね。
貴重な姿、ありがたいですね。
そういう意味合いでは緊急事態宣言で新たな一面が見れたということでしょうか。


水沢林太郎のデビューのきっかけ

水沢林太郎さんは、14歳の2017年8月から現在の事務所である研音に所属し、同年10月に「奥様は、取り扱い注意」第3話で俳優デビューしています。

そんな彼のデビューのきっかけを掘り下げると、小学6年生の頃から洋服に興味を持ち始めた事。
実は中学3年生の頃には身長が175cmを越えていたのだそうで、ファッションモデルをやってみたいと思うようになっていました。

しかし、とあるインタビューでは

母親の影響で「相棒」(テレビ朝日系)を見ていたとき、水谷豊さん演じる杉下右京が犯人に怒鳴る芝居を見て「やばい!」と思って。
ずっと穏やかな人が急にビートが変わって飛び抜ける感じが、心に来ちゃったんです。
それで俳優という仕事を知って、水谷さんに会ってみたいなと思ったことが、きっかけです。

と答えており、俳優としての活動を先に始めることになります。

 

 

その後は順調になようで、ドラマ「俺の話は長い」や「ブラック校則」などの話題作に続々と出演。
出演の度に話題に上がるようになります。

そして何と言っても2019年、長身を活かし第34回メンズノンノ・モデルオーディションに参加、2,300通以上の応募から16歳9ヶ月で見事準グランプリを受賞、専属モデルになります。

高校2年生の専属モデルは最年少として話題になりました。

そのメンズノンノのWEBでのインタビューでは、『母の影響』とは対照的な『父親が俄然やる気』と話しており、一家総出で芸能界入りを応援していたのが見て取れます。

仲の良い家族なのでしょうね。


水沢林太郎の出身高校,中学校,プロフィールまとめ

今回は水沢林太郎さんの周りを調査しましたが、若くして二束のわらじを履く彼の活躍をもっともっと見てみたくなりましたね。

現在でもたくさんの話題作に出演していますが、今後も公開される情報も見逃せません。

最近はあまり頻繁に更新されていない事務所のホームページですが、高校に進学する際にも少し活動があまりなかった期間があったりしました。
もう少ししたら新しい作品で埋め尽くされるのでしょうか?

若い才能の今後に期待ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。