【最新版】PRODUCE101JAPAN(プデュ日本)5話第1回目順位発表式の結果は?1位~5位の考察も!

PRODUCE101JAPANの5話が放送されました。
5話の内容は、余興ダンスバトルの様子とステージでの初の中間順位発表の様子が放送されました。
今回の放送では、60位までが生存、61位以降は脱落となることが事前に発表されていましたので、練習生たちの表情も緊張していました。
5話の中間順位発表ですが、今回は通常の国民プロデューサー票に加え、前回のポジションバトルで獲得した票数も加算されますので今までの国プ投票とは少し違っていますね。
そんなPRODUCE101JAPAN(プデュ日本版)5話の中間順位発表です。前回のボーナスポイント獲得者のおさらいや、1位~60位の生存した練習生の順位を画像と表で発表していきます。
今回も1位~5位については独自解説もしていますので、最後までお付き合いください!

↓前回PRODUCE101JAPAN(プデュ日本版)4話のおさらいはコチラ!
【最新版】PRODUCE101JAPAN(プデュ日本)4話ポジションバトル順位発表!ポジション別部門1位情報も!



ポジションバトルのボーナスポイント獲得者は?

3話4話で放送されたポジションバトルのボーナスポイント獲得者についておさらいしていきましょう。
今回の中間順位発表では、通常の国民プロデューサー票に加え、ポジションバトルで獲得した票数も加算されます。
ポジションバトルでは、曲ごとに勝ったチームにはチーム全員に1,000票、各曲ごとの1位には3,000票、各ポジションの1位には10,000票のボーナスポイントが与えられました。

ポジションバトルのボーナスポイント

①曲ごとに勝ったチーム…1,000票(9チーム)

②各曲の1位…3,000票(9名)

③各ポジションの1位…10,000票(3名)

①~③を全て獲得すると14,000票のボーナスポイントが与えられます。

前回のポジションバトルの各曲1位と各ポジション1位のボーナスポイント獲得者を振り返りましょう。

ポジションバトル各曲の1位
ダンスポジション「BTSのDNA」1位 佐藤景瑚
ボーカルポジション「ONEOKROCKのWherever you are」1位 黒澤直樹
ダンスポジション「EXILE THE SECONDのnWILD WILD WILD」1位 今西正彦 
ボーカルポジション「米津玄師のLemon」1位 與那城奨
ダンスポジション「Hey!Say!JUMPのOVER THE TOP」1位 本田康祐
ボーカルポジション「Superflyのタマシイレボリューション」1位 瀧澤翼
ラップポジション「101オリジナル」1位 三井瞭
ボーカルポジション「backnumberのHAPPY BIRTHDAY」1位 床波志音
ダンスポジション「SeventeenのHIGHLIGHT」1位 福地正
各曲の1位には3,000票が加算されます。

各曲1位の中から各ポジション1位が、ステージ当日会場での国民プロデューサーの投票数で決定しました。

ポジションバトル各ポジションの1位
ラップ部門1位  三井瞭 (ステージ2組:101オリジナル)
ボーカル部門1位 男澤直樹 (ステージ1組:Wherever you are)
ダンス部門1位  本田康祐(ステージ2組:OVER THE TOP)  
各ポジションの1位には10,000票が加算されますが、各ポジションの1位は、各曲の1位の中から選ばれるので、既に3,000票は獲得している状態ですので13,000票の獲得となります。
更に個人でも1位の男澤直樹さん、本田康祐さんは最大の14,000票が加算されます。

練習生たちが獲得したボーナスポイント票数が順位にどう影響するのか、そちらもみどころです!


第5話プデュ日本版第1回目順位発表式(中間順位)発表

5話目プデュ日本版第1回目順位発表式1位~11位です。
5話第1回順位発表式1位~11位

1位 川尻蓮
2位 豆原一成
3位 川西拓実
4位 キム・ヒチョン
5位 鶴房汐恩
6位 キム・ユンドン
7位 大平祥生
8位 チョン・ヨンフン
9位 大澤駿弥
10位 宮島優心
11位 安藤誠明

デビュー圏内1~11位はこのようになりました。

↓5話第1回目順位発表式1位発表の様子

1位~5位については独自解説をしていますので、最後までお読みいただければ嬉しいです。



5話目プデュ日本版第1回目順位発表式12位~30位
5話第1回順位発表式12位~25位
5話第1回順位発表式26位~30位

12位 佐藤景瑚
13位 今西正彦
14位 青木聖波
15位 河野純喜
16位 白岩瑠姫
17位 上原潤
18位 林龍太
19位 井汲大翔
20位 イ・ミンヒョク
21位 佐藤來良
22位 木全翔也
23位 小松倖真
24位 北川玲叶
25位 宮里龍斗志
26位 與那城奨
27位 男澤直樹
28位 本田康祐
29位 中本太賀
30位 三井瞭




5話目プデュ日本版第1回目順位発表式31位~50位
5話第1回順位発表式31位~44位
5話第1回順位発表式45位~50位

31位 草地稜之
32位 北岡謙人
33位 金城碧海
34位 佐々木真生
35位 床波志音
36位 井上港人
37位 瀧澤翼
38位 中野龍之介
39位 北川暉
40位 安藤優
41位 磨田寛大
42位 中里空
43位 岡田武大
44位 中林登生
45位 岩崎琉斗
46位 内田脩斗
47位 安慶田真樹
48位 渡辺龍星
49位 浦野秀太
50位 岡野海斗




5話目プデュ日本版第1回目順位発表式51位~60位
5話第1回順位発表式51位~60位

51位 川上勇士
52位 西尾航暉
53位 中谷日向
54位 鈴木雅
55位 寺師敬
56位 佐藤隆士
57位 佐野文哉
58位 山田恭
59位 福地正
60位 古屋亮人

このような順位結果となりました。
60位と61位は1位違いで「生存者」と「脱落者」に分かれてしまうという残酷な現実を目の当たりにした練習生たち。
今まで頑張っていた練習生たちの涙は、見ている方が辛くなりますね。




プデュ日本版の第1回目順位発表式の1位~5位までを独自解説していきます!

1位 川尻蓮

↓1位の川尻蓮
プデュ101ユニフォーム姿でオールを持つ川尻蓮
1位は返り咲きの川尻蓮さんでした!
HIGHTLIGHTで見せたリーダー性とセンターの安定感を見れば「やはり」という感じですね。
表情や指先までの動きなど細かいところまで表現していて、川尻さんがセンターというだけで中心がドシっと安定してグループがまとまるように思います。
また、練習生からの信頼も厚く川尻さん本人も一生懸命引っ張っていく様子からも男らしく、人間的にも信頼できる男という感じがします。
1位発表式の時の「僕らが目指しているのはこのもっと先の世界なので」という言葉からも強い意志が伺えました。他の練習生よりも意識レベルなどが一歩先な感じがしますし、実力も意識レベル共に1位にふさわしいのではないでしょうか。

↓川尻蓮ポジションバトルステージ推しカメラ

2位 豆原一成

↓2位の豆原一成
豆原一成プデュ公式ユニフォーム画像
2位はずっと上位に位置する豆原一成さん。3話4話と1位を2回キープしていましたが、今回は残念ながら2位になってしまいました。
豆原さんは礼儀正しく上位の順位に奢ることなく、1人練習する姿も印象的でした。まだ高校生ながらもワイワイ騒ぐタイプではなさそうで、いつも一歩引いた感じで冷静に他の練習生たちを見ている気がします。初回のAランクからずっとレベルも人気も上位の豆原さんはダンスも態度も安定していて安心して観ることができます。
本人曰く「表情やダンスの技術が蓮くんにまだまだ負けているのでもっと練習していきたい」と言っていましたが、今後どのように変化するのか楽しみです。

↓豆原一成ポジションバトルステージ推しカメラ

3位 川西拓実

↓3位の川西拓実
川西拓実プデュ公式ユニフォーム姿で大きなすいかの前に座っているアップ画像
3位はずっと3位をキープしている川西拓実さん。歌、ダンスともに未経験ながら、努力でカバーする様子はとても立派です。イケメンということもあり、プデュ開始前から人気でしたが、実際放送後もその人気をキープし続けることは難しいことだと思います。性格も穏やかそうですし誰とでも仲良くなれそうな感じを受けました。ビジュアルもそうですが、パフォーマンス時の表情演技が素晴らしく、ダンスと表情全てで表現することができるのでアイドル向きではないでしょうか。練習生が選ぶイケメンランキングの1位にも輝きました!

↓川西拓実ポジションバトルステージ推しカメラ

4位 キム・ヒチョン

↓4位のキム・ヒチョン
ユニフォーム姿のキム・ヒチョン
4位はHELOの中で一番日本語が上手いキム・ヒチョンさんでした。キム・ヒチョンさんは性格がとても面白く、普段は面倒見の良さそうなお兄さんのイメージですが、舞台では、さすが元アイドルと思わせる程の歌とダンスの実力がありますし、長身のヒチョンさんは舞台でもよく映えます。日本で一生懸命頑張っている意気込みが伝わってくることも応援されるポイントなのかもしれません。

↓キム・ヒチョンポジションバトルステージ推しカメラ

5位 鶴房汐恩

↓5位の鶴房汐恩
鶴房汐恩プデュ公式ユニフォーム姿で絵の具と筆を持っている画像
5位は前回から引き続き順位をキープした鶴房汐恩さんでした。鶴房さんは初回から「態度が良くない」ということで賛否両論ありましたが、本人もかなりダメージを受けていたようです。順位発表式の挨拶でも、態度が良くないという批評を受けたことに言及しており「家族と1話~4話を観て、父親が自分以上に一生懸命に考えてくれて、本当に良い親のところに生まれたなって…」と泣きながら話していましたが、回を重ねるごとに鶴房さんの良い面がたくさん見えているのも、もしかしたらお父さんの助言があったのかもしれませんね。練習生の岩崎琉斗さんが自身の順位挨拶で「辛かった時に鶴房くんに話を聞いてもらったりして、鶴房くんがいなかったら続いていなかったと思う」と感謝を言っていた場面もあり、個人的には素直なだけでそんなに態度が悪いようには見えませんでしたし、そんな中でも5位という順位なので、国民プロデユーサーたちにも伝わっているのではないかと思いました。今後は自身のパフォーマンスに集中できる環境になればいいなと思います。

↓鶴房汐恩ポジションバトルステージ推しカメラ

果たして高順位メンバーはこのまま固定されるのか?!次回も楽しみです!




↓Produce101JAPAN課題曲「ツカメ~It’s Coming~」MV

フルメンバー101名での迫力舞台ですね!!

↓Produce101JAPAN(プデュ日本版)練習生の個別記事についてはコチラ!↓
木全翔也(プデュ)の出身高校や性格は?私服がオシャレ?身長や誕生日などプロフィールまとめ!
安藤誠明(プデュ)の性格は?真剣佑や吉沢亮に似てる?出身高校や柔道の経歴などのプロフィールまとめ!
河野純喜(プデュ)の出身高校や大学は?彼女は有名人?経歴やプロフィールまとめ!
鶴房汐恩(プデュ)の通う高校や画像は?性格もイケメン?誕生日や経歴などプロフィールも!
豆原一成(プデュ)の出身中学や高校は?オン・ソンウに似てる?身長や誕生日、プロフィール情報も!
佐藤景瑚(プデュ)の誕生日や身長は?彼女はいる?経歴などプロフィール情報まとめ!
川西拓実(プデュ)の身長や出身高校や誕生日は?プロフィール情報や卒アル画像も!
宮島優心(プデュ)の出身高校や性格は?身長や誕生日などプロフィールまとめ!
プデュ(プロデュース101)上原潤の身長やプロフィールは?国籍は韓国で兄は芸能人って本当?プデュXの映像も!

↓プデュX101から誕生したX1(エックスワン)についてはコチラ!↓
X1(エックスワン)メンバーの顔写真付プロフィールまとめ!インスタやTwitter情報も!
X1デビューアルバム2形態の特典と値段比較は?タイトル曲とコンセプト画像も!
X1メンバーの宿舎の部屋割情報まとめ!部屋割の決め方は?どんな部屋?最新情報!



PRODUCE101JAPAN(プデュ日本)5話の第1回目順位発表式のまとめ

PRODUCE101JAPAN(プデュ日本)5話の第1回目順位発表式についてのまとめです。

  • 1位は返り咲きの川尻蓮
  • 2位は惜しくも豆原一成
  • 3位は安定の川西拓実
  • 60位は仲間思いの古屋亮人
  • 61位は大幅ランクダウン古賀一馬

次週6話では次の評価が始まりますね。
今までのPRODUCEシリーズでは、始めに「グループバトル」その次に「ポジションバトル」最後に「プデュオリジナル曲バトル」の順でしたが、PRODUCE101JAPANの次のバトルステージは何になるのでしょうか?
既にPRODUCE101JAPANは日本版独自の構成になっていると言えますので、これからのPRODUCE101JAPANも楽しみです!